バスキュラーアクセスセンター

血液透析では、血液を体外に取り出して浄化し、再び血液を体内に戻すため、血流の多い血管を作成する必要があります。その作成した血管をバスキュラーアクセスといいます。よって、血液透析ではこのバスキュラーアクセスの管理がとても大切になってきます。
血管が詰まったり、狭くなったり(狭窄)、血栓ができたりすると、血流が悪くなることがあります。その場合、手術によって狭窄を解消する方法と、先端にバルーンがついたカテーテルを血管内に挿入し、血管の中でそのバルーンを拡張し狭搾をとるPTA(経皮的血管形成術)と呼ばれる方法、また、血管の状態によっては、新たにつくり直す再建術を行うこともあります。

当センターの特色

○バスキュラーアクセスの日帰り手術が可能です
○侵襲の少ないエコーガイド下PTAを行っています

【エコーガイド下PTAの特徴】
・血管造影(放射線)と異なり、被爆の心配がありません。また、造影剤も使用しませんので、薬剤アレルギーの心配もございません。
・局所麻酔をしっかりと投与できるため、バルーンの拡張時の痛みは最小限度に抑えることが可能です。
手術室
 

シャント外来

バスキュラーアクセスセンターでは、バスキュラーアクセスの治療はもちろん、シャントトラブルを起こす前の適切な診療を行っております。診療は予約制となっております。シャントに関するご相談ごとがありましたら、まずは現在の透析担当医へご相談のうえご検討ください。

受診をご希望の方はこちら

ページトップ