透析装置について

石川記念会では定期的に新しい透析装置を導入し、血液透析(HD)、血液濾過透析(HDF)を施行しております。全施設、個人用透析装置により処方透析にも対応し、患者さまに合った透析液を選択するとともに、一部酢酸フリー透析液を使用し、患者さんの症状に合わせた透析を行っております。また、リクセル(β2ミクログロブリン吸着)なども行い、患者さまの合併症予防や改善を目指しています。

水質管理

透析において水質管理は重要な要素であり、透析液の清浄化を確保するため、透析機器安全管理委員会を設置し、委員会において作成した管理計画に基づき水質管理を行っております。水質については、日本透析医学会学術委員会による「透析液水質基準と血液浄化器性能評価基準」に基づき、透析液の水質確保に関する要件を満たしております。

水処理装置(RO装置)

RO装置とは、水道水に含まれている不純物や感染性物質を除去し、プレフィルター、活性炭装置、軟水装置と共に透析に使用できる水を作製する装置です。

透析液供給装置

2種類の透析原液をRO装置で作製した水により希釈混合し、適正濃度になった透析液を各ベッドサイドコンソールに送液する装置です。

患者監視装置(コンソール)

透析液供給装置より送られてきた透析液を使用し、各患者さんの治療に直接使われる装置です。ダイアライザにより血液の浄化をするための機能が整備されており、安全に透析が施行されていることを監視します。
具体的には、気泡検出、漏血検知から静脈圧や透析液の圧の変化などを監視するとともに、圧情報などを元に透析液の流れ等をコンピューターが計算し監視しています。

個人用患者監視装置

RO装置により作製された水の供給を受けて、その場において透析液を希釈混合し、各患者さまの治療に直接使用される装置です。透析液の成分の調整ができ、使用する患者さまに合った透析液成分により透析ができます。

HDF使用可能患者監視装置

これは、個人用装置もあり、コンソール装置もあります。HDFとは、血液透析と共に血液濾過も行うことで、β2ミクログロブリン等の大分子、中分子量物質の除去がより効率的にできる方法で、低血圧の人にも効果が期待できます。

ページトップ