生活習慣病とは(高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満)

その名のとおり、普段の生活習慣(偏食、運動不足、喫煙、ストレス…)が発症や進行に関っており、高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満が代表的なものです。これらは単独でも恐ろしい病気ですが、重複するとさらに危険性が高くなります。

生活習慣病にかかると、動脈硬化をもたらします。動脈硬化とは、動脈が硬くなり弾力性を失ってしまうことで、血管壁にコレステロールなどがたまり、血液の流れが悪くなります。さらに重症になると、血栓がつまって、血管を完全にふさいでしまいます。

高血圧・脂質異常症・糖尿病はサイレントキラーと呼ばれ、自覚症状がほとんどないまま、体の中で動脈硬化が静かに進行しているケースも多く、そのまま病気に気づかず放っておくと、突然、心筋梗塞や脳梗塞などが起こり、取り返しのつかないことになりかねません。

当院では各種検査から内科・糖尿病内科をはじめとした各科での専門診療はもちろん、常勤の管理栄養士による栄養相談や食事療法の相談も承っており、医師、コメディカルが一体となりクリニック全体のチーム医療で生活習慣病の早期発見と治療に取り組んでおります。

ページトップ