糖尿病・生活習慣病センター

糖尿病・生活習慣病センターの特色

近年、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣病が増加してきています。これらは普段、自覚症状がないため、適切な指導や治療を受けないまま長い期間が経過すると血管合併症が起こり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳出血、腎不全などの危険性が高くなります。
そのため当センターでは、各専門科の連携および各職種の連携によるチーム医療に力を入れてまいりました。個々の患者さまの病状に合わせて、食事指導、薬物治療を行うとともに、必要に応じて糖尿病、循環器、腎臓、眼科専門医師が連携し診療を行ってまいります。
また医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、管理栄養士がチームとなって糖尿病教室を開催しております。糖尿病を知ることから、日常の薬や食事に対する素朴な疑問まで、患者さまとそのご家族に直接お逢いして、お答えしていく機会を提供しております(詳細はこちら)。

診療科のご案内

糖尿病内科

糖尿病はインスリンの作用不足による高血糖を主体とする病気で、高血糖が続くと網膜症や腎症などの合併症をきたします。血糖コントロール状態を良好に保ち、合併症を進まないようにするため、当クリニックでは糖尿病外来のチーム医療に力を入れております。
糖尿病内科の詳細はこちらへ

腎臓内科

腎臓病、加齢や高血圧症、糖尿病などによる腎機能障害を早期から腎不全まで総合的に診療を行っております。
腎臓内科の詳細はこちらへ

循環器内科

胸の痛み、動悸、息苦しさなど気になる症状はじめ、心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患、不整脈、心不全、心臓弁膜症、心筋症などの心疾患と閉塞性動脈硬化症に代表される末梢血管疾患を中心に診療を行っております。
循環器内科の詳細はこちらへ

内分泌科

甲状腺疾患、下垂体疾患、副甲状腺疾患など、内分泌疾患について診療を行っております。
内分泌科の詳細はこちらへ

糖尿病眼科

網膜症、白内障、緑内障などの糖尿病の眼合併症の治療を行っております。
※一般眼科の診療はお受けしておりません。
糖尿病眼科の詳細はこちらへ

ページトップ